鶯谷デリヘル リリス「lilith」

川口の鋳物の歴史

川口は鋳物の街として全国的に有名です。吉永小百合主演の映画『キューポラのある街』の舞台として知られています。キューポラは鉄を溶かす溶解炉のことで、屋根に独特な形状の煙突を持ちます。

 

発祥については諸説あり、平安時代から戦国時代までいずれの時代にも鋳物に関する発祥をうかがわせるものがあります。本格化するのは江戸時代になってからで、古来から諸国の守護の課役の免除を与えてきた真継家が川口の鋳物師に免許状を発給していることが分かっています。1641年には地元の鋳物師であり伝説的な人物として知られる永瀬治兵衛守久が錫杖寺の鐘を造っており、これは現在では県の指定文化財として指定されています。江戸時代には庶民の鍋や釜などの製造拠点であり、川口の発展に貢献してきました。幕末から明治、大正、昭和にかけて軍事物資を中心とした鋳物を数多く造ってきています。品目は多岐にわたり、日用品から農具、仏具、建築用品などを手掛けてきています。

 

鋳物生産量のピークは1973年で、それ以降は受注は激減しますが、今も川口は鋳物師の街であり、職人は強い矜持を持って取り組んでいます。地場産業の活性化を目的としたジャバンブランド事業として、新しい鍋やフライパンの開発を続けています。伝統の技と現代的なセンスを融合させた製品には定評があります。鋳物としての強さがありながら、女性にも扱いやすい軽さを実現し、オシャレなデザインとあいまって確かな人気を獲得しています。