鶯谷デリヘル リリス「lilith」

平成23年に川口と合併した鳩ヶ谷市

平成の大合併の象徴的存在が旧鳩ヶ谷市と川口市の合併です。元来鳩ヶ谷市は6万人以上が居住し、都内への通勤者も多い街でした。歴史も古く独自の文化を有しており、合併は大きなニュースとして取り上げられました。

 

鳩ヶ谷は日光御成街道の宿場町であり、老舗の店も多く存在し、昔ながらの雰囲気を残した地域です。伝統工芸の釣竿は有名で、江戸時代から連綿と続く歴史があります。鳩ヶ谷総鎮守である神社では12月に祭りが開催されており、今も伝統を受け継いでいます。長らくバス便以外の交通手段がなく、陸の孤島として知られており、市民たちにとって鉄道の開通は悲願とされてきました。しかし逆に開発が遅れたことで宿場町としての面影を至る所に残しており、その価値が見直されています。埼玉高速鉄道は2001年開業し、鳩ヶ谷駅と南鳩ヶ谷駅が設置されました。この鉄道は東京メトロ南北線に乗り入れして赤羽岩淵や目黒、横浜の日吉まで伸びており、住民の交通の利便性は飛躍的に高まりました。人口は埼玉高速鉄道の開業から急激に増加し、大規模なマンションや大型所業施設が相次いで建設されています。

 

かつて鳩ヶ谷町であった時代の1940年に周辺の村とともに半強制的に川口市に編入されたことがありますが、戦後になって当時の住民の民意によって住民投票を行って分離独立した市として再スタートした歴史があります。それだけ住民の街に対する愛情は格別なものがあり、平成の大合併においても町名に鳩ヶ谷の名前を残しています。